VNA VNA
Royal Trans A_ad-web_2019_hirota_01 A_ad-web_2019_Meria_01

おもしろ子供白書

13/06/2019

昨年度卒園していき、今小学1年生の卒園児たちを、幼稚園に招きました。半年以上経って古巣に戻るという感じです。ほとんどの子ども達が、卒園後は、ホーチミン日本人学校に進学しているので、友達同士別れることはありませんでした。幼稚園でどんなふうにお迎えをしようか計画をしました。

1. 懐かしさを満載にする。

 

2. 美味しいおやつの用意

 

担任だった先生が、帰国しているためビデオレター作戦も立てましたが、今回は間に合いませんでした。

 

当日、受付では、やってきた子どもたちに自分で名前を書いてもらい、すぐに課題を出しました。「みんながいた頃の幼稚園と、今日久しぶりに来て、変わったと思うところをいくつ見つけられるでしょう。」 途端に目が輝き始めました。

 

実は日本に帰国したM男が夏休み遊びに来ていて「じむしょのつくえがかわった」「コピーきがかわった」と大人が忘れていた細かいところに気づいていました。当日1年生たちが気づいたものは、面白いほど出てきました。数百冊ある絵本の中で、「ある」「ない」まで。

 

子どもたちの記憶力と気づく力には驚かされるものがあります。もちろん忘れていることもありますが、確実に変わったポイントは当ててきました。「なつかしい」という気持ちを持って幼稚園に戻ってきた子どもたち。以前、やはり1年生になり、3月に卒園し、5月に遊びにきた男児がいました。彼の一言目が「むかし、ここであそんだねー。」を聞いて、そうか、彼らにとっては1、2ヶ月はもう昔なんだと思ったことがあります。半年以上時が経ち、戻ってきた彼らには、まさに幼稚園は「懐かしい場所」となっています。 遊ぶ内容でというより、今回は場所の思い出に浸っていたようです。私たちが、思い描いていた、年長時代にやっていた遊びの再現はそれほどなく、今興味のあることに夢中になっていました。彼らが卒園する年にピザ釜を作っていたので、今回のおやつは、ベトナムアシスタントが生地つくり、1年生有志がトッピングと分担しておやつのピザを作り、みんなで食べることができました。

 

久しぶりに幼稚園と出会えた喜びが、子どもたちの顔中に広がっているのが感じられ、非常に嬉しい時となりました。

 

これから送り出して行く卒園生がいつでも気軽に戻れる幼稚園でありたいと願ってやみません。

______________________________________________
著者:多々内三恵子 おおぞら日本人幼稚園園長

(元・静岡大学付属幼稚園教諭・青山学院幼稚園教諭)

30年間の保育経験を生かし、文科省幼稚園教育要領を基に、「個から育つ」という教育理念のもと、ベトナムだからこそできる保育を展開中。
______________________________________________
おおぞら日本人幼稚園

No.8-10,20st., My Gia 1, Phu My Hung, Tan Phu Ward, Dist.7, HCMC

連絡先 : 093 8289 645 (日本語専用)

Email : bigsky20@ozorahcmc.com